こういう発想が必要なのか…

『小学1年生が「13-9=4」をどう解いたか説明する問題が「数学序論より難しい」と話題』という記事を読みました。

どうやら大学の教育課程論の試験か課題のようです。

1年生の「くりさがりのあるひきざん」の授業で、次のように説明した児童がいます。
児童がどう考えたか、説明しましょう。
13 – 9 = 4
「13から3ひいて10になったほうから2ひいて5。
そして5になったほうから4ひく。
こたえは4」

…何だこれは?
これに対し、最も有力な説は「指を使って計算した」というもの。
つまり、
13 – 9
は、
(5 + 5 + 3) – (5 + 4)
「13から3ひいて」
(5 + 5 + 0) – (2 + 4)
「10になったほうから2ひいて5。」
(5 + 3) – (0 + 4)
※「2ひいて5」つまり、「-3 + -2」で「5」
「そして5になったほうから4ひく。」
(1 + 3) – (0 + 0)
「こたえは4」
(1 + 3) = 4
…小学生スゲー

でもちょっと待て。
この計算をするためには手が5本欲しくないか?
すぐに3引いて(5 + 5)と(2 + 4)にしたとして、
常に片側の状態を記憶しておきながら手元の指を折って計算したのか?
仮想の3本目の手を使えるなら、
(5 + 5 + 3)- 9
(0 + 1 + 3)- 0
(1 + 3)= 4
とはできなかったのだろうか?
できてたら問題にならないか…

難題に直面したと思った時、
固い頭ではなかなか解決できない事もある。
こういう時、柔軟な発想ができるとあっさり解決できる事もある。
子供の発想は柔軟である。
こういう記事を読み漁れば柔軟な発想ができるようになったりしないだろうか?