新生活の始まる季節。

もう4月。新生活の始まる季節ですね。
浜松には一人プログラマーさんが新入社されました。
新しい方が事務所に入られたことで、事務所の空気も新しくなったような気がします。

私も来月で会社に入って一年になります。
一年で学んだこと、これからの課題、目標などいろいろ整理しなくてはいけないなぁと思う今日この頃です。
経験は詰み立てつつ、心は新たな気持ちで日々の生活に取り組んでいきたいですね。

春・新生活の季節、ということで普段ならショッピングなども楽しみたい時期ですが、
今はコロナウィルスの影響などもあり、なかなか外出が難しい世情となっています。
なので、最近はもっぱら読書や動画鑑賞ばかりしています。
最近買った本はこちら。
▼うっとりあじわいじっくりデザイン
https://books.mdn.co.jp/books/3217303010/

手書きやアナログ表現の技法や、表現から私たちが無意識に感じている”雰囲気・心地よさ・違い”などを観察、解説しています。
なぜこの表現を使うのか、なぜこのような素材をにしたのか。似た表現も溢れている中、その違いは?それぞれの目的は?なんとなく、で片付けてしまいがちな点をもう一度見つめ直すきっかけになってくれる本だなぁと感じます。

技術書などを読むと、こうすればかっこいい、こうすればそれっぽく見える、などとにかく作品を完成させるためのプロセスなどに興味が惹かれやすいですが、そもそもの表現が持つ意味というものを考えながら、いろいろ新たな発見を
積み重ねている審美眼を養いたいと思わせてくれる本でした。
しばらくは外出自粛の世が続くと思いますので、いろいろ面白い本を読めたらなぁと思います。