2025年。

2025年問題 (にせんにじゅうごねんもんだい)

日本の人口の年齢別比率が劇的に変化して「超高齢化社会」となり、社会構造や体制が大きな分岐点を迎え、雇用、医療、福祉など、さまざまな分野に影響を与えることが予想されることを指します。日本の人口は2010年を境に減少を続け、2025年には約800万人いる団塊の世代が後期高齢者(75歳)となり、国民の4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会を迎えます。逆に社会保障の担い手である労働人口は減っていくため、社会保障費の増大、不足が予想されるほか、医療、介護分野の整備や少子化対策が急務となっています。

2025年問題│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券より。

2025年と言えばこれだと思っていましたが、他にも時限爆弾のように仕掛けられたトラブルがあるようです。むしろ、仕事で考えると、こっちの方がインパクトが大きいかも。

2025年の崖

多くの経営者が、将来の成長、競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネス・モデルを創出・柔軟に改変するデジタル・トランスフォーメーション(=DX)の必要性について理解しているが・・・
・ 既存システムが、事業部門ごとに構築されて、全社横断的なデータ活用ができなかったり、過剰なカスタマイズがなされているなどにより、複雑化・ブラックボックス化
・ 経営者がDXを望んでも、データ活用のために上記のような既存システムの問題を解決し、そのためには業務自体の見直しも求められる中(=経営改革そのもの)、現場サイドの抵抗も大きく、いかにこれを実行するかが課題となっている
→ この課題を克服できない場合、DXが実現できないのみでなく、2025年以降、最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)。

DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~より。

 

SIerとベンダーはちょっと違いますが、今後の潮流としては参考になるかと思います。

ベンダー
・既存システムの維持・保守業務から、最先端のデジタル技術分野に人材・資金をシフト
・受託型から、AI、アジャイル、マイクロサービス等の最先端技術を駆使したクラウドベースのアプリケーション提供型ビジネス・モデルに転換
・ユーザにおける開発サポートにおいては、プロフィットシェアできるパートナーの関係に

 

DXが進むことで、エンジニアだけでなく、デザイナーやディレクター、ひいては組織(会社)そのもののあり方も変わってくるような気がします。

好奇心があっちへ行ったりこっちへ行ったりしてしまいやすいタイプなので、「とりあえず」とか「流行りだし」といったスタンスで新しい技術に飛びつくのではなく、
・なぜそれを選択するのか。
・選択したことで何が得られる(解決される)のか。
という部分まで考えた上で、取り組んでいきたいなぁと思う、今日この頃です。

「とりあえず」はダメ、絶対。