Googleコアアルゴリズムアップデート

令和初googleコアアルゴリズムアップデート

年に数回ある大規模なアップデートが2020年1月14日に実施され医療、美容、飲食、教育、金融、不動産等で変動率の上昇が確認されたそうです。上昇が多く見られたサイトの多くは元からコンテンツが優れており、E-A-T基準に基づきYMYLキーワードが多く含まれるサイトだそうです。

E-A-Tとは?

「Expertise(専門性)」、「Authoritativeness(権威性)」、「Trustworthiness(信頼性)」を意味し、品質評価ガイドラインを基本としコンテンツを評価します。

YMYLとは?

「Your Money or Your Life」の略語で検索品質評価ガイドラインの項目の一つです。googleの考え方としては金銭や生活に関するコンテンツを重要視し、信憑性のないサイトに関しての評価を下げる、というものです。

アップデート後の対応策としては?

不正なリダイレクトや不自然な誘導ページ等を使用しない(悪意のあるサイトの作成をしない)と言うガイドラインに則り、ユーザーを騙すような事をせずユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成を心がける、継続して長期間続ける事が評価アップに繋がるようです。