Nuxt.jsがすぎょい

最近触り始めたNuxt.jsが思ったよりも色々な機能があって驚いたので、
いくつか簡単に紹介します。

・webpackを内部で利用している
nuxtでは内部でwebpackが動いているので、babelによるトランスパイルや各種linterの利用、minify化などなど設定できます。(webpackのconfigより少し設定が楽かも?)

・最初から主要なパッケージを含んでいる
Vue.jsを拡張するときにはnpmで必要なパッケージを探してインストールする手間がかかりますが、nuxtには最初から使用頻度の高いパッケージが含まれているので、すぐにプロジェクトを始められます。(Vue Router、Vuex、Vue Server Renderer、vue-meta)

・サーバーサイドレンダリング(SSR)
nuxtではデフォルトでSSRを利用できるようになっています。(spaの弱点である初期表示の遅さと、SEOの不安を解決)
もちろん、SSRしたくない場合には通常のspaモードに切り替えて利用できます。

・nuxt generateコマンドで静的ファイルを生成できる
nuxtでは.vueファイルにhtml、css、javascriptをまとめて書き、ファイルをコンポーネントとして扱います。このコンポーネントやレイアウトを組み合わせてページを作成していきますが、コマンドを一つ叩くだけで依存関係や階層を良いように解決して、html、css、javascriptを吐き出してくれます!(ほんとすぎょい)

・大事なことは全部公式に書いてある
https://ja.nuxtjs.org/
(日本語だから安心。優しい。)

まとめ

すぎょい。もうこれ極めたら大体のことできそう。(適当)

募集中