クーラー病

梅雨のジメジメと温度の上昇でオフィスも家もクーラーを使っている方が多いこの時期クーラー病になる方が増えてきます。

外の気温と室内の気温が5度以上になると、クーラー病の症状である頭痛や肩凝り、イライラ、場合によっては吐き気や発熱なんてことも・・・

クーラー病は温度差のあるところを行き来することで自律神経が乱れ不調が起こるそうです。
もし、夏になると頭痛や肩凝りだるさを感じるという方はクーラー病かもしれません!
まずは、すぐに出来るオフィスや家での対策をして、それから根本的な原因である自律神経のバランスを整えることでクーラー病になりにくい体を作ることができます。
毎日10分以上の軽い運動が大事!!

私自身もやっていることはヨガは何年間もずっと続けて心身ともに健康になり、やらないと気持ち悪いと思うくらいに・・・
しかし、最近は内勤の仕事に変わりずっと座っていることが増え、体調の変化などを感じたので毎日の朝活が欠かせません。
朝から歩くことを心がけて、2駅〜3駅歩いたりしています。

心身ともに健康で夏を楽しみたいですね。