ほんとに大事なフォントの勉強。

初めてのブログ投稿です。
今年入社しました佐々木と申します。
デザイナーとして就職してもうすぐ三ヶ月…自分のスキル不足を痛感しておりますが、日々精進の毎日です。

中でも最近はフォント選びに悩みがち。
デザインをする上で大切にしなければいけない要素は多々ありますが、
フォントもその一つ。。。どんなフォントを使うのか、
明朝体かゴシック体か?行間、字間は?大きさや色などetc…
雰囲気によって使い分けたくても、なーんか思ったようにいかない、ってことがよくあります…。

そんな時は参考を見るのが一番!
ということで、フォントの本を買いました。
「ほんとに、フォント。」

ほんとに、フォント/ingectar-e (著)

新人デザイナーの作ったデザインを先輩デザイナーが手直ししました!という形式でページが進んでいくので、デザインのビフォーアフターを見ることができて視覚的にとってもわかりやすい本になっています。
自分で考えてもなんでこれがダメなのかうまく言葉にできない…わからない、といったときに見るとそういうことか!と納得するきっかけをくれるのでフォント初心者の方にはオススメの一冊です!

仕事もプライベートも充実させられるよう、日々スキルアップを忘れずに過ごしていきたいと思う今日この頃です。