春です!4月です!

春です!4月です!
スタッフ全員で、夕方のお花見散歩を試みました!
桜ピークは少し過ぎてしまっていたけど、リフレッシュできたかな。

少し前ですが、こんな桜がつないだニュースを見ました。

神戸のソメイヨシノの桜並木で、老木となった桜の木を伐採しなくてはならず、
事前に伐採予定の木の幹には「伐採予定です」との張り紙を市の職員がしたそうです。

そんな1本の木に「ぼくのだいすきな木を切らないで!小4男子」と
雨に濡れないようビニールの袋にいれられた手紙が添えられていていました。

手紙の存在を知った市の職員が、伐採しなくてはならない理由を、
わかりやすいようイラスト付きで手紙を返したそうです。
「小4男子」としかわからないので、返事も木の幹にくくって。

「小4男子」は、「街を元気にしてください!」っとひまわりの種を添えて手紙をくれたそうです。

この出来事には続きがあり、
このことを知った東京の農業高校が、桜を繋げないかと名乗りでました。

伐採してしまえば桜の寿命は終わってしまいますが、
接ぎ木という手法で、伐採した桜が再生したのです!
今は、農業高校で大切に育てられ、来年には神戸に帰るそうです。

デジタル化され、会ったこともない世界中の人たちと繋がれる今。
簡素化され、自動化され、AIなんて出てきちゃう今。

便利な世の中ではありますが、
アナログな手書きの手紙、小さなコミュニテイでのやりとりが、
距離の離れた神戸と東京を結び、人の心だけでなく桜の命をつないだニュースにほっこり。

こうゆう出来事を知れるのも、インターネットが普及したおかげなのですが。。

ウェブサイトやウェブサービスを構築しているなかで、
なにかとデザインや機能、数字に注目してしまいがち。
私たちが作ったものを、使ったり、見たりする「人」がいることを忘れずに、
っと、再認識できたニュースでした。
ちなみに、全国にあるソメイヨシノは、すべてクローン桜。
交配で誕生したソメイヨシノは、接ぎ木や挿し木でしか増やせないず、
クローンであるがゆえ、病気にも弱い品種なのだそうです。

 

INFORMATION
現在、一緒にWETCHを盛り上げてくれる仲間を募集しております。
オフィス見学も随時受け付けておりますので、興味のある方はぜひご連絡ください。
募集の詳細はこちら!